なぜブランシアン・プラスは会員制なのか?

なぜブランシアン・プラスは会員制なのか?

おそらくつらつら書き出すと長くなりそうですので、結論を先に書き出したいと思います。

なぜ会員制の子犬仲介を始めたのか?
  • 会員制、つまり出産をお待ちの方を事前に把握する事で計画的な交配を促進し、より健全な子犬をご紹介したい。
  • お客様に必要な知識を身に着けていただく事で、正しい子犬の選び方・育て方を実践していただきたい。
  • 「子犬の幸せ第一義」の精神をお客様はもとより、ペット業界全体にも浸透させたい。
  • 先に産ませるこれまでの流通を減少させ、無理な交配や販売、売れ残りの遺棄等の撲滅をはかりたい。

 

当店が創業した2007年当時は、一般のご家庭で子犬を迎える際は近隣のペットショップで購入されるのが一般的でした。
その当時はCMやテレビ番組などの影響でペットブームが起こり、ご家庭で子犬を迎えられる数も増加の一途をたどっているという状況でもありました。

そういった中、パピーミルと言われる劣悪な繁殖屋の存在や量販店での展示販売による子犬の健康上のリスクなど、ペット業界の闇の部分が指摘されるようになり、それならばと、お客様に安心して迎えられる子犬を優良ブリーダーから直接お届けしようと、一種の使命感を持ってこの業界に参入したわけです。

おかげさまで、多くのお客様とのご縁をいただき、どのわんこも本当に幸せに育ってくれています。
販売者とお客様という立場を超えて愛犬家仲間のように接していただけるお客様も多く、お茶や食事にも誘っていただいたり、遠方からはるばる成長したわんこを連れて遊びに来ていただけるお客様も数知れず、本当に当店はお客様に恵まれていると感謝しているところです。

ただ、ここ数年、ブリーダー直販の流れが一般化し、それらをとりまとめた情報サイトの勢いも増してきました。
私がこの業界に入った当時と比べると「ブリーダーから直接子犬を迎える」という流れがかなり浸透してきたという状況で、まだまだ量販店などでは展示販売がなされている現状はあるにしても、もう私の役割もそろそろ終わりなのかな・・・などと思い始めておりました。

ところが、そういったブリーダー直販というシステムを知っているにもかかわらず、いまだに多くのお客様より子犬に関するお問い合わせが絶えないんですよね。
これは一体、どういう事なのでしょうか?

 

 

ブリーダーの質がますます低下している?

当店はこれまでブランシアンという別サイトで、ブリーダーや子犬の質にこだわった仲介販売を行ってきました。
お客様とは当然長いお付き合いとなりますので、少なくとも後で恨まれたくありませんから、そこは本当にこだわってやって来ました。
なので、ご紹介できるのはせいぜい月10匹ぐらいまでが限度です。

当然、たくさんお問い合わせをいただいても対応しきれませんので、直販サイトさんのように大々的に広告を打ったりしていません。
ですから、おそらくたまたまホームページを見かけたとか、どなたからかお聞きになったとかだろうと思いますが、それでも毎日のようにお客様からのお問い合わせをいただいております。

もちろん、お金をいただいて子犬をご紹介しているわけですのでそれなりの目利きはできます。
であっても、これだけ直販サイトさんが露出しているわけですから、直接ブリーダーさんから買われた方が安く済みそうなものですよね。
そこである時、お問い合わせいただいたお客様にランダムに何名かお聞きしてみたんですね。なんで、わざわざうちにご相談されるのか。

すると・・・

  • みんな良い事しか言わなくて、ブリーダーの良し悪しが分からない。
  • 実際に見学に行ったら、とんでもない劣悪な環境だった。
  • いろいろ質問したいが、人を見下すような応対で信用できなかった。
  • 価格も言うほど安くはなく、むしろペットショップより高額な子犬も多い。

 

など、ブリーダー直販サイトさんに結構不満をお持ちの方が多かったのです。

もちろん、きちんとしたブリーダーさんも多く登録されています。
でも、私が見ても「オークション(セリ市)に出しているような繁殖屋さんもたくさん登録してるな」というのは分かりますし、もしうちに取引依頼が来たら、まず間違いなくお断りするようなブリーダーも多く登録しています。
確かに現状では、人を見る目と良い子犬を見分けられる目利きが出来ないと不安であるシステムとなっている事は言えると思います。

直販できるシステムが整備された事で、職業として利益を追求するブリーダーが当然強くなりますし、愛好家のようなブリーダーは商売は二の次ですから自然とはじかれてしまいます。相対的に一般の人の目に留まりやすいブリーダーの質は下がっているのではないかと心配になっております。

 

捨て犬、殺処分。現状の販売方法では無くすことが出来ない。

少し前振りが長くなってしまいましたが、ここからは本題の「なぜ会員制なのか?」という事をお伝えしたいと思います。

一部の好戦的な動物愛護団体さん達からすると、我々のような業者は十把ひとからげにされていると思いますが、実は捨て犬や殺処分の問題については、私自身、本当に心を痛めている問題です。

ただ、何を言っても「子犬を売っている業者が何を偉そうに」なんて言われそうで、これまで表立って持論を展開する事はありませんでした。
私も駆け出しの頃、ある保護犬の活動に参加しようとしましたが、こういう仕事をしていると分かったとたん、ボランティアさんから親の仇のようにひどい事も言われましたしね。

そこで自分に出来る事を考えた時、やはりきちんとしたブリーダーからきちんとした子犬を愛情豊かな飼い主さんに紹介する事ではないかと思ったのです。
保護犬の活動をされている人たちには本当に頭の下がる思いです。でも、そもそも我々が入り口の部分で、きちんとしたお客様に健康で性格の良い子犬を提供する事で、少なくとも捨てるなんて考えられない状況にしていくというアプローチもありますよね。
これも、幸いなことに、今まで私がかかわったお客様に愛犬を無責任に捨てたなんて話は、噂レベルでも聞いておりません。

それと、犬を捨てるのは何も飼い主さんだけではありません。
実はそれ以上に問題なのが、法規制が厳しくなって立ち行かなくなった繁殖屋の廃業による大量遺棄、売れ残った子犬の処分、劣悪な環境下で飼育されている犬たちの保護など、ペット業界のこれまでの流通が原因である事も非常に多いのです。

これに対しては、展示販売が諸悪の根源だと思っています。展示するためには仕入れなければいけません。彼らにとっては犬は商品であり、在庫です。
在庫である以上はすべて売れるという保証はありません。当然、売れ残りも出ます。
私は創業当初から展示販売については批判してきましたが、そもそもが「売れるかどうかも分からないのに先に産ませる」事が問題であると思っています。
現状は、あらかじめお客様を確保できるのは著名なブリーダーぐらいで、ほとんどのブリーダーは子犬が生まれてから販売するという流れです。

幸か不幸かブリーダー直販が浸透した事で、商売上手なブリーダーは大量に産ませて販売しています。
反面、愛好家と呼ばれる質の高いブリーダーは、そもそも手元に残す為の交配ですので販売は二の次です。でも、生まれた子犬をすべて残すと大変ですから、「産ませても何匹も育てられないから交配も抑えよう」となるわけです。

会員制を浸透させる事で、愛好家タイプのブリーダーさんは安心して子犬を産ませる事ができます。
私たちが利に聡いだけのブリーダーはフィルターにかけますので、無駄な交配は減ってくるはずですし、お客様も質の高い子犬と暮らせる事ができますよね。

ちなみに、欧米ではシェルターなどの保護活動とともに、純血種を守っていく文化としてブリーダーはそれなりにリスペクトされています。
保護犬の活動とともに、きちんとした繁殖を行うブリーダーは保護していく、この両輪が備わってはじめてペット先進国と言えるのではないでしょうか?

また、おそらく会員登録なんて面倒くさいはずですから、軽く考えているお客様は登録されないと思います。
そこでもフィルターがかかりますから、結果的に子犬にとっても愛情豊かな飼い主さんと出会えるわけですから、それが一番のメリットです。

 

ただし、当店だけの力では無理です。だから・・・

先にも申しました通り、私ひとりだけが頑張ってもとても対応できません。
ご紹介できる犬種も限られていますし、当店は香川県にございますので、遠方からご見学に来られるのも大変だと思います。

幸いな事に、実は数年前から同業者の育成も僭越ながら行っております。


しっかり開業研修も対面でさせていただいていますし、営業面や子犬の知識等も折に触れてレクチャーしておりますので、私の考え方をしっかり理解して頑張っていただいています。
私が対応できない時には、そういった同業者さんの手をお借りしますし、そういった健全なブリーダーと健全な業者の輪が拡がれば、もしかしたら、これまでのペット業界の誤った流通の仕方に風穴を開けられるかもしれません。

これをお読みの皆様、ここまで熟読された方は真剣に子犬を探されている方だと思います。
子犬の幸せと、飼い主である皆様の幸せのため、ぜひ会員登録をご検討下さい。

 

会員登録のご案内はこちら